第一番目の太陽。

俗に言うと初日の出。 Nikon D500 + AF-S Nikkor 18-300mm F3.5-5.6 別に嬉しいこともないが、 世間では有り難いものの 代名詞のひとつになっている。 年が明けて昨日と今日で一体何が変わったのか。 変わったものは暦の年が一つ増えただけ。 初日の出を見に行くと言うので、 ただ何となく寒い思いをして撮ってみた。 …

続きを読む

錦衣九重 2017。

今年の永源寺の錦衣九重。 Nikon D500 + AF-S Nikkor 18-300mm F3.5-5.6 陽が強く差し込んだショットなので、 川面が光って深みはない。 けれども樹が大きいので、 ワイド感が出て紅葉感たっぷりになった。 そうゆうことから、 錦衣九重(きんいきゅうちょう)の名にふさわしい 一枚となった。 今回…

続きを読む

夕暮れ迫る。

刻一刻と変化する高原の夕暮れ。 Nikon 1 V3 + Ai Nikkor 28mm F2.8S とても綺麗だ。 折り重なる山々。 薄野原。 いつまで見たって見飽きない。 あと数分でこの辺りも空が青く染まるだろう。 今回もご覧いただき、ありがとうございました。 ぽよんのブログは、 人気ブログランキングに登録いたしましたので、 …

続きを読む

Thank you for your kindness.

10th Anniversary。 Nikon 1 V3 + Ai Nikkor 28mm F2.8S 今日で、ぽよんのブログは丸10年を迎えます。 そして明日からは、11年目に突入します。 ここまでやってこれましたのは、 皆様方の温かい親切のおかげだと、 心から感謝申しあげます。 長かった10年。 思い起こせば全く更新しなかった時期もありまし…

続きを読む

宇宙に思いを馳せて。

銀河系中心方向を覗いてみた。 Nikon D500 + Ai Nikkor 28mm F2.8S けれどやはり、 都会では天の川は観えない。 電子の目で見たらこんなにも観えるのに。 どうして天の川は観えないの。 それでもデネブは綺麗に輝いてくれている。 とても綺麗な星空だ。 諦めずにもう少しトライしてみようと思う。 今回もご覧…

続きを読む

夏は終わった。

今年の花火の総決算。 Nikon D500 + AF-S Nikkor 18-300mm F3.5-5.6 と言っても、 2大会しか撮ってないけど。 Nikon D500 + AF-S Nikkor 18-300mm F3.5-5.6 それでももう今年は見る機会がないだろう。 だから総決算。 私の短い夏は、終わりを告げた。 今回…

続きを読む

茨木辨天花火大会。

昨年に引き続き行われました。 Nikon D500 + AF-S Nikkor 18-300mm F3.5-5.6 2014年に起きた福知山の事故以来、 中止となった花火大会が多い中、 よく復活してくれたなと心から感謝しています。 Nikon D500 + AF-S Nikkor 18-300mm F3.5-5.6 巷の花火大会と違って派手さはありませ…

続きを読む

みなと神戸花火大会2017。

花火大会の季節がやってきました。 Nikon D500 + AF-S Nikkor 18-300mm F3.5-5.6 今年の一発目は、 なにわ淀川花火大会と迷いましたが、 「みなと神戸花火大会2017」です。 今年は神戸港開港150周年でもあり 大勢の見物客で賑わっていました。 Nikon D500 + AF-S Nikkor 18-300mm…

続きを読む

邂逅 encounter 。

偶然のめぐりあい。 Nikon 1 V3 + Ai Nikkor 28mm F2.8S 今年の桜はかつてない絶妙のタイミングで、 私を迎えてくれた。 私の休みのタイミングと、 自然のタイミングがバッチリ合うことなど、 太平洋の真ん中で、 米粒に出会うほどかなり確率が低い。 そういう意味で、今年の桜は愛おしい。 来年はどういうタイミングで再…

続きを読む

山の上はまだ。

桜前線がどんどん北上しています。 でも山の上の季節はまだ冬。 中部山岳国立公園では、 まだまだたっぷり雪が楽しめます。 地上が桜で埋め尽くされるその前に、 素晴らしいSnow Peaksをもう一度。 今期はこの山々に魅了されました。 次はどのような姿で目の前に現れてくれるのか。 とても楽しみにしたいです。 今回もご覧い…

続きを読む

魔術師の幻想。

しらかば平駅から焼岳方面を眺める。 絵はがきのような一枚になった。 被写体が良いと 自分の撮影技術がうまくなったように錯覚する。 きれいな風景は、 撮影者を幻想の世界へと誘ってくれる。 美しい魔術師の前に立ち、 腕を磨くことにしよう。 今回もご覧いただき、ありがとうございました。 ぽよんのブログは、 人気ブログランキング…

続きを読む

Snow Peaks 。

峰々の雪と白い雲。 雄大な自然を見ていると心洗われる。 この先には何があるのか。 山の風景には、 人生を映し出す道標がある。 今回もご覧いただき、ありがとうございました。 ぽよんのブログは、 人気ブログランキングに登録いたしましたので、 みなさんのクリックでランキングが上がります。 よろしければ下のバナー(ボタン)をポチッと押…

続きを読む

名山。

私が就職したての頃、 ちょうど第二次登山ブームの真っただ中だった。 レジャー派は、スキー。 登山派は、深田久弥の百名山。 そして今まさに、空前の第三次登山ブーム。 どこもかしこも山の上は大賑わい。 ロープウェイにも長蛇の列でした。 ストレス社会の象徴なのか。 ストレスを登山により発散させる。 自然と向き合うのは…

続きを読む

絵画展。

まるで絵画のように見える。 これは北アルプス連峰の木々を 間近で写したものだが、 この手のものが撮れると私はこう表現する。 まるで東山魁夷の絵のようだ、と。 北アルプスの大自然の素晴らしさを 魁夷の絵のように繊細に切り取ることができた。 印象深い作品となった。 今回もご覧いただき、ありがとうございました。 ぽよんのブロ…

続きを読む

修二会2016。

今年も春寒し東大寺を訪れた。 二月堂にお松明の炎が立ち昇る。 練行衆たちの掛け声に緊張感を感じる。 雪のように舞い落ちる火の粉に打たれながら、 今年の自分を静かに占った。 今回もご覧いただき、ありがとうございました。 ぽよんのブログは、 人気ブログランキングに登録いたしましたので、 みなさんのクリックでランキングが上がります。 …

続きを読む

アーカイブ。

この写真が忘れられない。 南淡路市にある灘黒岩水仙郷の写真。 断崖絶壁に水仙の花が 咲き乱れている〝あの風景〟は、 圧巻であった。 とても寒かったけどまた行ってみたい。 今回もご覧いただき、ありがとうございました。 ぽよんのブログは、 人気ブログランキングに登録いたしましたので、 みなさんのクリックでランキングが上がります。 …

続きを読む

謹賀新年。

新年あけましておめでとうございます。 皆様、どのような年明けを迎えられたでしょうか。 今年は申年。 申年の意味は、大きく飛躍するために必要な 設計図を引く年だそうです。 目標達成への大切な一年となるようです。 一年の計は元旦にあり。 ぽよんの今年の目標は、   ①写真コンテストで優秀賞以上の入賞、    もしくは5,0…

続きを読む

吉野千本。

み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり。 春は山桜、冬は山里の雪が有名な吉野山。 訪れた時は、観光客もまばらで、 寒々としていました。 残念ながら、雨降りを狙っていきましたが、 雨が上がっても気温が上がらず、 お目当ての霧はほとんどありませんでした。 寒かったですが、里の方々の篤い人情に 心はとても温かかったです。…

続きを読む

照山紅葉。

秋の日差しを浴びて、 一層色味を出した山の紅葉。 今年一番の美しい〝絵〟になった。 この頃は秋が短い。 夏から急に秋になり、 また急に冬になる。 身体が気温に馴染む前に、 季節が移ろう。 もうすぐ師走。 今度は街が色づく季節がやってくる。 今回もご覧いただき、ありがとうござ…

続きを読む

紅葉の風景。

いよいよ紅葉のシーズンが到来。 と思いきや、すっかり今年は遅かった。 と言うか、すっかり葉を落としてしまった木もあれば、 青々と葉が茂っている木もあり、 今年は不思議な紅葉シーズンを迎えた。 その良いところだけを切り撮っていこうと思う。 今回もご覧いただき、ありがとうございました。 ぽよんのブログは、 人気ブログランキングに登録いたしま…

続きを読む

峰の八重雲。

幾重にも重なる山々を抜けると、 海が見える。 何層にも重なる雲から 日が射し込む。 光跡がとてもきれい。 自然の神秘さを実感する景色である。 今回もご覧いただき、ありがとうございました。 ぽよんのブログは、 人気ブログランキングに登録いたしましたので、 みなさんのクリックでランキングが上がります。 よろしければ下のバナー(ボタン)を…

続きを読む

冬が始まる。

今日は立冬。 暦の上では、今日から冬が始まる。 外は生憎の雨模様だが、雨もまた良い。 せかせか動くのは今日だけは止めて、 晴耕雨読にどっぷり浸かる。 冬の始まりだから、秋を存分に惜しむことにしよう。 だって、現代の世は、これからが秋本番だから。 どんな秋に逢えるのか、とても楽しみ。 今回もご覧いただき、ありがとう…

続きを読む

美しい秋。

太陽に輝くススキが風に揺られている。 思わず息をのむ、美しい秋の風景。 秋は一瞬にして、過ぎ去ってしまうから、 惜しむように、しばし見つめていた。 今回もご覧いただき、ありがとうございました。 ぽよんのブログは、 人気ブログランキングに登録いたしましたので、 みなさんのクリックでランキングが上がります。 よろしければ下のバナー(ボタン)をポチッ…

続きを読む

生石高原の夕暮れ。

3年ぶりに訪れた和歌山県の生石高原。 昨年は、行列をつくって登った、 カップルだらけの曽爾高原に行って 大失敗だったので、 リベンジのつもり。 二度目だけどすっかりホームグラウンドの気分。 今回も応えてくれた。 やはりここは私にとって相性が良い。 来年もぜひ訪れたいと思う。 今回もご覧いただき、ありがと…

続きを読む

夕陽に染まる。

秋の空とススキは、ベストパートナーだと思う。 そこに夕陽が加わると、これはもう〝傑作〟である。 なんの演出も技法もいらない。 ただ、ひたすらにシャッターを切れば、 素晴らしい写真が撮れるのだ。 ススキも刻一刻と変化する秋空に、 気持ちよくポーズをとっていた。 今回もご覧いただき、ありがとうございました。 ぽよんのブログは、 …

続きを読む

最期の軌跡。

天武天皇の子、大津皇子が眠る二上山の夕陽に染まる姿を撮りたくなった。 おりしも時候は秋分。 夕陽がきれいな季節だ。 奈良県のHPによれば、 池に写った夕陽が撮れるポイントが紹介されていたのを見つけて、 早速夕方から車を飛ばして奈良県へ。 予想はしていたが、そのポイントにはカメラマンでごった返していた。 水面に波紋がたっていないところ……

続きを読む

快挙。

今日は弁天花火大会の日。 撮影を始めて数年間、フィナーレの大爆発を撮りたくて、 毎年、フィナーレを撮り続け、 すべて露出オーバーで、 ことごとく失敗を続けてきた。 今年は見事、成功レベルに達したものが撮れた。 まずはそれだけで嬉しい。 次は、これをもとに 背景、構図、色調にこだわっていきたい。

続きを読む

秋・郷愁。

オレンジに染まる芒野原を撮りたくて。 あいにくのお天気にもかかわらず、 一瞬の晴れ間を期待して、 和歌山県にある生石(おいし)高原へと 足を延ばしました。 日没まではまだ4時間近く。 山頂は風が冷たく、 薄着の私には凍りつく寒さでした。 終始、曇り空。 あきらめて車に戻ろうとして歩き出した途端。 雲間からオレンジ色した夕…

続きを読む

VIVA!スターマイン。

今年も辯天宗奉納花火大会が行われた。 ここ数年は、雨風で流れることもなく順調だ。 しかも、今年は初めからボンボン上がる。 いつもアップばかりになってしまうので、 少し引いてみた。 意外にまとまりが良いので、ビックリ。 花火はこれもいいと思った。 でもこれがきれいな夜景や電車とかなら素晴らしいと悔やむ。 やはりアップも撮りたい。 …

続きを読む

水仙郷に行ってきました。

皆様、久方ぶりのブログアップです。 なんとか新しい年を迎え、 なんとか無事に後厄も終え、 仕事もようやく一段落しました。 生きています。 まずは、礼儀として「明けましておめでとうございます。」 「本年もどうぞよろしくお願いいたします。」と申しあげます。 そこで、これもまた久方ぶりの写真部活動に参加してきました。 今回は、南淡路市にある〝灘黒…

続きを読む