一陽来復。

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 Nikon 1 V3 + 1 Nikkor 18.5mm F1.8 私は陰の気に満ちた冬至の生まれです。 つまり陰気な人間。 そんな中に、一筋の閃光が射し、 闇から脱出出来る年にしたい。 そんな願いを込めて新年のご挨拶を 申しあげたいと思います。 犬は真面目で勤勉。 …

続きを読む

重大事故。

10周年を迎えましたが、 やはり私にとって10月は鬼門です。 何かあります。 これまで撮りためた写真が詰まった、 HDDがクラッシュしました。 XPERIA Z5 Compact(SO-02H) バックアップデーターはありません。 全体の約9割が消失しました。 いくつかの二度と撮れない写真があると思うと、 やりきれない気持ちです。 …

続きを読む

Thank you for your kindness.

10th Anniversary。 Nikon 1 V3 + Ai Nikkor 28mm F2.8S 今日で、ぽよんのブログは丸10年を迎えます。 そして明日からは、11年目に突入します。 ここまでやってこれましたのは、 皆様方の温かい親切のおかげだと、 心から感謝申しあげます。 長かった10年。 思い起こせば全く更新しなかった時期もありまし…

続きを読む

ぽってり。

水面に佇む鳥さんたち。 あまりにもかわいすぎる。 Nikon 1 V3 + Ai Zoom-Nikkor 100-300mm F5.6S でもMF300mmの手持ち撮影なので、 動き回る鳥さんに焦点を合せるのは困難。 結果、ボケボケである。 Nikon 1 V3 + Ai Zoom-Nikkor 100-300mm F5.6S オートフォーカスレ…

続きを読む

女子カメラ部。

一億総カメラ部時代。 Nikon 1 V3 + Ai Nikkor 28mm F2.8S 今や、スマートフォンの普及により、 誰もが名カメラマンだ。 思い思いのシーンで、 シャッターを切る。 SNSで公開するのだろう。 良い時代が来たものだ。 これだけカメラが普及したのだから、 メーカーは、 ハイエンド傾向は止めて、 普通性能…

続きを読む

Nikon D500、実写レビュー(通天閣編) 。

これが浪華のシンボル、 通天閣でおまっ。 Nikon D500 + Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S 絞り優先オート / F2.8 / 1/2500sec. / +1.0補正 / ISO400 / WB:晴天,0,0 づぼらやの河豚のディティールがすごい。 通天閣のネオンサインの下の ネオンの文字がハッキリ写っている。 こんな使い方も…

続きを読む

Nikon D500、開封レポ Intermission 。

ちょっと休憩をしようと思う。 Nikon D500に、 私の最愛のレンズ Ai Micr-Nikkor 55mm F2.8S を 付けて撮影しようとした。 すると、マルチパワーバッテリーパックを装着しているので、 レンズを装着すると、前のめりになってしまう。 そこで、撮影のために取り外してみた。 すごく似合っているではないか! カニ爪がなん…

続きを読む

Nikon D500、実写レビュー(動物園編) 。

平成28年4月28日に発売になった Nikon D500を動物園に持ち出した。 Nikon D500 + Nikkor 18-300mm F3.5-5.6G ED VR 絞り優先オート / F5.6 / 1/640sec. / +1.0補正 / ISO200 / WB:晴天,0,0 シマウマの鬣の一本一本が、 きれいに描写されている。 ローパスフィルターがなく…

続きを読む

Nikon D500も、プロスト結び。

今回は、ニコンユーザーで、 D90以上を使われている方は よくご存じのニコン巻きを あえてご紹介いたします。 こうして、ストラップの端っこを 内側になるように巻き込むのが ニコン巻き。 一般にはプロスト巻きと言われているものである。 ではどうして、D90以上かというと、 昔使っていたD40Xの取扱説明書には、 ストラップ…

続きを読む

Nikon D500 ユーザーに朗報。

Nikon D300Sから乗り換えた方も多いと思うが、 そういう方に朗報をお届けしよう。 バルブ撮影などに便利なリモートコード。 D300Sでは、MC-36という型式で、 D500では、MC-36Aという型式に変更されている。 純正では、1本が数万と高価なもので、 一生にそう何度も購入したくはない代物である。 実戦投入に向けて、 私の持つM…

続きを読む

Nikon D500、実写レビュー。

いよいよ実戦投入。 実は、先日の当ブログ、5月4日と5日の写真は、 D500で撮った画像を使用している。   <参照>     5月4日分「上から撮るか、下から撮るか。」     5月5日分「子どもの日。」 レンズ性能を十二分に引き出してくれる 素晴らしい撮像素子を搭載しているカメラであることを 実感させてくれる。 豊かな表現力を備えている。 …

続きを読む

Nikon D500、開封レポ VOL.7。

今回は便利機能のご紹介。 私的にはニコン1 V3で 便利に使っていた機能でしたが、 フラッグシップ機に搭載されるのは 抵抗感が拭えない画像モニターへの チルト機構。 パネル自体はD5と同じで、 236万ドット高解像度ですっきり見やすい。 それにタッチパネル搭載。 V3でもこれはあまり必要度を感じなかった。 でも、チルト機構は必要…

続きを読む

Nikon D500、開封レポ VOL.6。

今回は忘れてはいけない記録媒体についてご紹介。 D500では、XQDカードとSDカードの デュアルスロットしようとなっています。 D5のようにCFデュアルやXQDデュアルのような 選択はできません。 カードの抜き差しは、 プッシュリリース式で、ボタン式ではありません。 とても渋くて、使いにくいです。 ニコン推奨のXQDカードは、…

続きを読む

Nikon D500、開封レポ VOL.5。

今回は、ニコンの上位機種の証、 レリーズモードダイヤルの上板に、 QUAL・WB・MODE・測光の各ボタンが 配置されていること。 D300Sと比べると、 3つボタンが、4つボタンに変更され、 QUALとWBにMODEと測光が加わり、 ISOが抜けています。 ISOボタンは、露出補正ボタンと併せて、 シャッターボタンの付近に配置され、…

続きを読む

Nikon D500、開封レポ VOL.4。

今回は、一眼レフカメラのマストアイテムを紹介する。 なにはなくともこれだけは装着した方が間違いないだろう。 それが、縦位置グリップ。 ニコンでは、マルチパワーバッテリーパック【MB-D17】と呼んでいる。 これは、D500と同時発売されたもので、 もちろんマグネシウム合金製で、専用設計。 安定して縦位置撮影ができるアイテムだ。 私は、縦位…

続きを読む

Nikon D500、開封レポ VOL.3。

今回は、私個人的に待ち望んだアイテムを紹介する。 それがアイピースシャッター。 バルブ撮影時の不用意な光を シャットアウトするためのアイテム。 FX最上位機種にしかなかったが、 DX最上位機種にも今回初採用された。 これまでの機種では、 付属のアイピースカバーを使用して、 外部からの光をシャットアウトする設計であったが、 私のD300…

続きを読む

Nikon D500、開封レポ VOL.2。

今回は、D500のこれは便利というところを ご紹介いたします。 背面のボタンに照明がついたことです。 これで暗い場所での撮影時に、 どこにどのボタンがあるのかが、 確実に視認できます。 これはD5譲りの便利な機能です。 夕暮れ時や飛行機撮影などの場面で、 携帯電話を使って ボタンを照らさなくても済みます。 今回もご覧いた…

続きを読む

Nikon D500、開封レポ。

昨夜買ったニコンD500をようやく開封した。 この一日、早く手に持ちたいと心待ちにしていただけに、 封印を解く手がわずかに震えていた。 付属の取扱説明書が、手のひらサイズに変更してあった。 今やスマホなどで手軽るに閲覧できるから、 よりハンディにというメーカーの配慮なのだろう。 D300Sからの大きく進化した点を挙げてみる。 まずはメカ的…

続きを読む

ニコンD500、買いました。

〝世界はここまで、凝縮できる。〟 ニコンのFX(フルサイズ)機のフラッグシップモデル D5【でぃーご】に遅れること約一カ月。 本日、平成28年4月28日(木)に、 ニコンのデジタル一眼レフカメラ DX(APS-C)機のフラッグシップモデル D500【でぃーごひゃく】を、発売日当日に買いました。 いち早くこのブログの読者様に報告させていただきま…

続きを読む

レンズの嫁入り。

次期主力カメラとなる≪ニコンD500≫の 購入に向けた資金繰りのために、 私のかわいい娘たちを 同時に嫁に出すことにした。 今回はインターネットでの買取を行っている 〝カメラバーン〟さんにお願いすることにした。 メールでのやり取りになり、 少し不安はあったが、 高価買取となったので安心した。 私の特殊な性格が功を奏したのか、 …

続きを読む

賞状と感謝と。

コンテスト主催者から賞状が届いた。 もらったのは勤続表彰以来だ。 こういうのって、飾った方がいいのかな? 欧米ならドドーンと応接室みたいなところに 飾ってありそうな…。 けど、飾っておく部屋もないし、 飾る習慣もない。 卒業式にもらった黒い筒に入れて、 保管しておこうか。 でもきっと見ない。 これは取扱いに困る代物だ。 …

続きを読む

ええはがき展示 in 西宮。

行ってきました。 西宮ガーデンズでの ええはがきコンテスト上位入選作品展示。 とてもいい場所に、いい風に飾っていただいていました。 阪急さんに感謝です。 しかも、観覧者からのコメントもあったりして、 とても嬉しかった。 私への質問は、以前にこのブログでも書いたように、 皆様が一番疑問に感じられた「どこから撮ったの?」でした。…

続きを読む

ついに発売決定。【Nikon D500】

APS-Cフォーマットファン待望の ニコンのフラッグシップ機が、 フルサイズフラッグシップのD5とともに 今年3月に発売することが決定した。 ニコン渾身のD500。 ついに私の愛機D300Sの真の後継機が 登場するのだ。 6年間、撮れないものを無理やり撮ってきた苦労がやっと報われることになる。 1年前、キヤノン7Dmar…

続きを読む

謹賀新年。

新年あけましておめでとうございます。 皆様、どのような年明けを迎えられたでしょうか。 今年は申年。 申年の意味は、大きく飛躍するために必要な 設計図を引く年だそうです。 目標達成への大切な一年となるようです。 一年の計は元旦にあり。 ぽよんの今年の目標は、   ①写真コンテストで優秀賞以上の入賞、    もしくは5,0…

続きを読む

コンテスト入賞作品の展示のお知らせ。

このたびは、阪急梅田駅1F中央WEST広場で 行われた入賞作品展示に、 ご多忙にもかかわらず足をお運びくださり、 誠にありがとうございました。 さて、今回、下記のとおり追加展示が行われますので、 ご案内申しあげます。                 記  1 期 間  平成27年12月23日(祝)~12月27日(日)  2 場 所  阪急西宮ガ…

続きを読む

言語道断。

航空機へのレーザー掃射は止めてくれ。 マスコミ報道などでも言われているように、 伊丹空港で、着陸態勢に入った航空機のコックピットに向かって、 レーザーポインターを掃射する行為があったそうだ。 この写真を撮りに行った時も、 「管制に向かって、機長が怒ってる。」という無線が飛び交っていた。 着陸寸前のパイロットの目に、 レーザー光線なんか…

続きを読む

受賞御礼のご挨拶。

 平素は、本ホームページをご覧いただき、厚くお礼申しあげます。  さて、この度の阪急電車「第6回 ええはがきコンテスト」におきましては、 不肖の身ながら秀作賞及び佳作1作品という過分な賞を受賞できましたのも、 多くの皆様のお力添えがあったればこそと、 この場をお借りいたしまして、ご厚恩に拝謝申しあげます。  今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願…

続きを読む

オノマトペ。

もう11月になりました。 このブログも早いもので9年目を迎えました。 これもひとえに皆様方の応援のおかげです。 本当にありがとうございました。 そこで、少しモデルチェンジ。 改名いたします。 その名も〝にゃーにゃー ぽよんDELUXE(デラックス)のブログ〟です。 単純にオノマトペ的な言葉と、 ビッグな感じの言葉をどうしても入れたかった、…

続きを読む

芸術の秋。

秋は何かに打ち込める季節。 私の父は、佛像彫刻に打ち込んでいる。 聞けば現役を退いてから始めたものだが、 出来が素晴らしい。 凝り性な性格もあるのだろうが、 七十の手習いとは、まさにこのこと。 何にでも挑戦しようという気持ちは、 老いに打ち勝つのだ。 今初めて遅いものは何もない。 大切なのはやろうとする気力に他ならない。 父の作…

続きを読む

入選内定。

「第6回阪急ええはがきコンテスト (神戸線・伊丹線・甲陽線)」事務局様より、 入選のご連絡をいただきました。 まずは応援くださった皆様方に、お礼申しあげます。 入選したのは、上の2作品です。 皆様からの人気ナンバーワンの「休日の苦楽園口」は、 やはり入選しました。 2作品とも阪急電車が写っています。 これまでの入選作品を見ていると、 …

続きを読む